The Carsファンサイト管理人のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lovethecarsJP

【the cars】仮装はこっちのお姉様たちの方がいいなぁ。おばあちゃんか、ベンの横でサイコロ振る人になりたい。ペンキ少年も捨て難い。"Shake It Up"のPVhttp://t.co/eV7mZEgI このPVのベンの格好良さは犯罪級だ。#thecars
10-31 23:59

【the cars】今日はハロウィン。と言ってもなじみは無い…。カーズに絡んで仮装するなら"You Are The Girl"のビデオに出てくるモンスターお姉様たちかしら?カボチャにサングラス装備させてみました。#thecars http://t.co/fQBnzMDR
10-31 23:44


image_20121101210423.jpg
スポンサーサイト

【2012/11/01 04:13】 | ツイート
|

カーズのPVと私
メリ
こんばんは!
「You Are The Girl」このPVがカーズとの出会いだったんですよね~、私。
この時はまだ彼らが結成10年のベテランバンドだとは知る由もなかったのでした。
「Shake It Up」はベンのかっこよさも犯罪級ですが、私 この時代のエリオットが大好きで本当にPVのペンキ少年になりたい。エリオットの隣にいきたい。
「Tonight She Comes」のPVと「Shake It Up」の頃がマイ・ベスト・オブ・エリオットです♪

「Shake It Up」
マダムX
このエリオットはほんとにかっこいいですよね!
隣に行きたいというメリさんの気持分かります。
惚れます!

ソロ自体もいいんだけど、あの一心不乱に弾いてる姿が素敵☆

この曲は、私がはじめてカーズを認識した曲なので思い出深いです。

Re: カーズのPVと私
illya
メリさん、マダム部長 ようこそおいで下さいました♪

メリさんは、"You Are The Girl"が出会いだったんですね☆
しかし、"Tonight She Comes"は、本当にエリオットが一番格好いいです!
私はあのPVを初めて見たのがここ数年のことなので、今見てもまだ あのエリオットには目からウロコ状態なのです。NHKが放送したヒューストンライブばっかり長年見てきた私の エリオットの印象をがっつり覆す格好良さがあるのです。
部活のみなさんとこうしてお話して、新しい発見や視点をたくさん貰えたおかげで、曲の聴き方が広がっているのが楽しい今日この頃です。

・・・(´・ω・`)
楊ぱち
illyaさん、こんにちは。
「You Are the Girl」のPVをリアルタイムで初めて見たときは、正直「・・・。」でした(´・ω・`)
「You Might Think」で栄えある第1回MTV大賞に輝いた彼等ではありましたが、カーズのPVってたまたまあの作品が出色だっただけだわな、もうカーズも末期かな、と一ファンとして思わずにはいられませんでした。
今見るとそこまでのガッカリ感はないんですけどね(^^;

遅くなりましたが、illyaさんのブログをアメブロの方でBookmarkさせていただきました。
(お気に入りに登録したかったのですが、方法が分からなくて…すみません)
改めまして、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m


実は一番苦手なPV
illya
楊ぱちさん いらしゃいませ。
私もYou Are The GirlのPVは苦手で、見るのをちょっと避けてるくらいです。今回かなり久々にYouTubeで見ました。
正直、You Might Thinkも私にはあまり…。
基本、カーズの「演技系PV」がちょっと…。
だって、リックとグレッグ以外、コミカル系はヘタなんじゃないかなーと。
なので楽器持って普通にライブっぽい仕上がりの方が好みですが、思うとそんなPVの方が少ないですね。うーん。


You Are The Girl
マダムX
You Are The Girlは、ジョン・ウォータース(カルトな映画監督)が監督しているという意味ではシネフィル(映画マニア)そしては特筆すべきことなんですが、じつは、ちょっと苦手(おもしろいんですけどね)

じつは、はろーあげいんもそうなんですよ・・・。
ゆーまいとしんくもです。

わたし自身がリアルタイムではこれらのPVをほぼ、みていないためだとおもうのですが、曲自体の印象が先にあるので、映像をみると、映像が強すぎて(みんなすごいカルト監督だから)楽曲のすばらしさより映像の印象が勝ってしまうようにおもうので。

ただ「笑えるカーズ」というのは個人的には大好きなんです。
そういう自分たちを笑える、というセンスが・・・。

(リックの好みなのかもしれませんが)




Re: You Are The Girl
illya
部長もですか…。
しかし、You Are The Girlを撮ったお方が映画監督さんとは知りませんでした!
多分あのPVにショックを受けて、テレビでそんな説明してても耳に入らなかったのかも…。
でも、あれが好きってファンもきっといらっしゃることでしょう。

> ただ「笑えるカーズ」というのは個人的には大好きなんです。
> そういう自分たちを笑える、というセンスが・・・。
分かります!
基本、カッコつけてるグループではないいですもんね。
良い感じで自然体というか。
やりたいこと やってますけど、何か?って感じで。

そう思います!
マダムX
>基本、カッコつけてるグループではないいですもんね。
良い感じで自然体というか。
やりたいこと やってますけど、何か?って感じで。

うん、そういうところが、すきなんですよね!!
映像表現にもチャレンジングだったということは
実はすごいことなんじゃないか、ともおもうのです。

「ストラップ・ミー・イン」のPVは
(もちろん好きなんですが。みんな普通にかっこいいし)
ああいうかっこつけた映像のとり方は
実は楽チンだし、どんなバンドが作っても一緒です!!
でもカーズがすごいのは、果敢にMTVの黎明期をチャレンジしていったところではないかなあ?

好みは別として、そこは評価したいなああ(わたしにされてもどうか)

ドライヴのPV
楊ぱち
illyaさん、おはようございます。
朝っぱらから度々失礼致します。

そういえば「Drive」のPVも、俳優のティモシー・ハットンが監督してますよね。
ジョン・ウォータースにしてもアンディ・ウォーホルにしても、んでもってティモシー・ハットンにしても、著名な方が撮ったPVっていずれも今ひとつ微妙な感じが…(^^;
デュラン・デュランも当時はPVの申し子のように言われてましたが、「Rio」や「Hungry Like The Wolf」に登場するカメレオン姉ちゃんとか、もう訳分かんなかったし。
そういう微妙で無意味、且つ無駄に凝っているPVが高評価される時代でありました。

「Panorama」でのぎこちない演技、ああいう不自然で素朴な感じが個人的には好みです~(*^^*)

追伸
アメブロでも読者登録していただき、どうも有難うございました。
挫折することのないよう頑張ります m(_ _)m

クセ者監督とのコラボ
illya
マダム部長も、楊ぱちさんも、情報がぞくぞくと出てきますね〜。感動です。
演技系は、私も唯一 Touch And Goの脱力具合が好きなんですが、Driveはティモシー・ハットンが撮っていたんですか!

Driveのバンド演奏風マネキンの顔の作りと、あれをあんな憂いに満ちた目で見つめるポーリーナの両方を見届ける度に 「やっぱりなんか変だよ!」と心の中で叫ぶ私です。

でも、確かに色んな人(クセ者?)を起用してチャレンジしてる所は意欲的で個性的だし、その時の新しいことや王道をしてるからこそ、今振り返ると時代を象徴したものになっているんでしょうか。

そう考えると、私も新しい視点でPVを見れそうです♪


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
カーズのPVと私
こんばんは!
「You Are The Girl」このPVがカーズとの出会いだったんですよね~、私。
この時はまだ彼らが結成10年のベテランバンドだとは知る由もなかったのでした。
「Shake It Up」はベンのかっこよさも犯罪級ですが、私 この時代のエリオットが大好きで本当にPVのペンキ少年になりたい。エリオットの隣にいきたい。
「Tonight She Comes」のPVと「Shake It Up」の頃がマイ・ベスト・オブ・エリオットです♪
2012/11/01(Thu) 22:21 | URL  | メリ #-[ 編集]
「Shake It Up」
このエリオットはほんとにかっこいいですよね!
隣に行きたいというメリさんの気持分かります。
惚れます!

ソロ自体もいいんだけど、あの一心不乱に弾いてる姿が素敵☆

この曲は、私がはじめてカーズを認識した曲なので思い出深いです。
2012/11/02(Fri) 00:13 | URL  | マダムX #8lsdd5Ic[ 編集]
Re: カーズのPVと私
メリさん、マダム部長 ようこそおいで下さいました♪

メリさんは、"You Are The Girl"が出会いだったんですね☆
しかし、"Tonight She Comes"は、本当にエリオットが一番格好いいです!
私はあのPVを初めて見たのがここ数年のことなので、今見てもまだ あのエリオットには目からウロコ状態なのです。NHKが放送したヒューストンライブばっかり長年見てきた私の エリオットの印象をがっつり覆す格好良さがあるのです。
部活のみなさんとこうしてお話して、新しい発見や視点をたくさん貰えたおかげで、曲の聴き方が広がっているのが楽しい今日この頃です。
2012/11/02(Fri) 14:39 | URL  | illya #-[ 編集]
・・・(´・ω・`)
illyaさん、こんにちは。
「You Are the Girl」のPVをリアルタイムで初めて見たときは、正直「・・・。」でした(´・ω・`)
「You Might Think」で栄えある第1回MTV大賞に輝いた彼等ではありましたが、カーズのPVってたまたまあの作品が出色だっただけだわな、もうカーズも末期かな、と一ファンとして思わずにはいられませんでした。
今見るとそこまでのガッカリ感はないんですけどね(^^;

遅くなりましたが、illyaさんのブログをアメブロの方でBookmarkさせていただきました。
(お気に入りに登録したかったのですが、方法が分からなくて…すみません)
改めまして、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m
2012/11/02(Fri) 16:35 | URL  | 楊ぱち #-[ 編集]
実は一番苦手なPV
楊ぱちさん いらしゃいませ。
私もYou Are The GirlのPVは苦手で、見るのをちょっと避けてるくらいです。今回かなり久々にYouTubeで見ました。
正直、You Might Thinkも私にはあまり…。
基本、カーズの「演技系PV」がちょっと…。
だって、リックとグレッグ以外、コミカル系はヘタなんじゃないかなーと。
なので楽器持って普通にライブっぽい仕上がりの方が好みですが、思うとそんなPVの方が少ないですね。うーん。
2012/11/05(Mon) 23:19 | URL  | illya #-[ 編集]
You Are The Girl
You Are The Girlは、ジョン・ウォータース(カルトな映画監督)が監督しているという意味ではシネフィル(映画マニア)そしては特筆すべきことなんですが、じつは、ちょっと苦手(おもしろいんですけどね)

じつは、はろーあげいんもそうなんですよ・・・。
ゆーまいとしんくもです。

わたし自身がリアルタイムではこれらのPVをほぼ、みていないためだとおもうのですが、曲自体の印象が先にあるので、映像をみると、映像が強すぎて(みんなすごいカルト監督だから)楽曲のすばらしさより映像の印象が勝ってしまうようにおもうので。

ただ「笑えるカーズ」というのは個人的には大好きなんです。
そういう自分たちを笑える、というセンスが・・・。

(リックの好みなのかもしれませんが)


2012/11/06(Tue) 11:36 | URL  | マダムX #8lsdd5Ic[ 編集]
Re: You Are The Girl
部長もですか…。
しかし、You Are The Girlを撮ったお方が映画監督さんとは知りませんでした!
多分あのPVにショックを受けて、テレビでそんな説明してても耳に入らなかったのかも…。
でも、あれが好きってファンもきっといらっしゃることでしょう。

> ただ「笑えるカーズ」というのは個人的には大好きなんです。
> そういう自分たちを笑える、というセンスが・・・。
分かります!
基本、カッコつけてるグループではないいですもんね。
良い感じで自然体というか。
やりたいこと やってますけど、何か?って感じで。
2012/11/06(Tue) 18:45 | URL  | illya #-[ 編集]
そう思います!
>基本、カッコつけてるグループではないいですもんね。
良い感じで自然体というか。
やりたいこと やってますけど、何か?って感じで。

うん、そういうところが、すきなんですよね!!
映像表現にもチャレンジングだったということは
実はすごいことなんじゃないか、ともおもうのです。

「ストラップ・ミー・イン」のPVは
(もちろん好きなんですが。みんな普通にかっこいいし)
ああいうかっこつけた映像のとり方は
実は楽チンだし、どんなバンドが作っても一緒です!!
でもカーズがすごいのは、果敢にMTVの黎明期をチャレンジしていったところではないかなあ?

好みは別として、そこは評価したいなああ(わたしにされてもどうか)
2012/11/06(Tue) 21:19 | URL  | マダムX #8lsdd5Ic[ 編集]
ドライヴのPV
illyaさん、おはようございます。
朝っぱらから度々失礼致します。

そういえば「Drive」のPVも、俳優のティモシー・ハットンが監督してますよね。
ジョン・ウォータースにしてもアンディ・ウォーホルにしても、んでもってティモシー・ハットンにしても、著名な方が撮ったPVっていずれも今ひとつ微妙な感じが…(^^;
デュラン・デュランも当時はPVの申し子のように言われてましたが、「Rio」や「Hungry Like The Wolf」に登場するカメレオン姉ちゃんとか、もう訳分かんなかったし。
そういう微妙で無意味、且つ無駄に凝っているPVが高評価される時代でありました。

「Panorama」でのぎこちない演技、ああいう不自然で素朴な感じが個人的には好みです~(*^^*)

追伸
アメブロでも読者登録していただき、どうも有難うございました。
挫折することのないよう頑張ります m(_ _)m
2012/11/07(Wed) 06:42 | URL  | 楊ぱち #-[ 編集]
クセ者監督とのコラボ
マダム部長も、楊ぱちさんも、情報がぞくぞくと出てきますね〜。感動です。
演技系は、私も唯一 Touch And Goの脱力具合が好きなんですが、Driveはティモシー・ハットンが撮っていたんですか!

Driveのバンド演奏風マネキンの顔の作りと、あれをあんな憂いに満ちた目で見つめるポーリーナの両方を見届ける度に 「やっぱりなんか変だよ!」と心の中で叫ぶ私です。

でも、確かに色んな人(クセ者?)を起用してチャレンジしてる所は意欲的で個性的だし、その時の新しいことや王道をしてるからこそ、今振り返ると時代を象徴したものになっているんでしょうか。

そう考えると、私も新しい視点でPVを見れそうです♪
2012/11/08(Thu) 00:37 | URL  | illya #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。