The Carsファンサイト管理人のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lovethecarsJP

【the cars】DOOR TO DOORの ばらけ感が、個々がソロ発表を通過した所以かどうかはあれですが、何より一番引っかかるのは、初めてデイヴィッド・ロビンソンがジャケットのアートワークをやらなかったこと。何故だろう?あのニョロっとした絵、キライ。
12-06 22:59

【the cars】このアルバムで解散したのでDOOR TO DOORのアルバムには「駄目だった」臭が付きがちですが、そんなに駄目なアルバムではないと思っています。5人のエッセンスが1曲でなく曲ごとにばらけた感がちょっとね。
12-06 22:51

【the cars】"Fine Line"がリックのソロっぽいとすれば、"Coming Up You"はリックが書いた曲ながら ベンのソロアルバム THE LACE に入っていそうな感じ。曲そのものは大好きです。ベンの"Skyline"に雰囲気が近い気がします。
12-06 22:36

【the cars】もう1曲私の戸惑いDOOR TO DOORソングは"Fine Line"です。メロウで美しいし、メンバーのコーラスもギターソロもあるけれど、リックとグレッグの存在感しか感じられない気がしまして。言うなればリックのソロアルバムに入ってそうな雰囲気。
12-06 22:25

【the cars】とはいえ、ベンのレザー好きは以前からですし、和やか系ソロの"Too Hot To Stop"のPVでもレザーのジャンプスーツですしね。あのPVでのステップを見てベン好きな自分でも「…」と思うのは、ド ド ドリフの大爆笑〜と似たテンポとステップだからかと。
12-06 22:19

【the cars】DOOR TO DOORで特に私を戸惑わせたのは、"Coming Up You"の仕上がりの可愛らしさと、宣材写真からライブまで黒レザー衣装一択で腕にタトゥーも入れ ロック宣言か?って雰囲気の当時のベンとのギャップです。今ではこれもありかと受け入れ中。
12-06 22:13

【the cars】今更ながら思う。The CarsのDOOR TO DOORはいい曲が集まったアルバムである。でもそれまでの、1曲の中に様々な要素が混ざり合ってカーズっぽくなる感じでなく、「様々な要素の曲が集まった」アルバムだった。本当に各曲は好きなのだけど。
12-06 22:05

スポンサーサイト

【2012/12/07 04:13】 | ツイート
|

Door to Door雑感
マダムX
illyaさんこんばんは!
Door to Door のネタに引かれてコメントさせていただきます。
私、実はこのアルバム、今年の夏にはじめて聞きました!! なんとなく、解散の経緯に至ったアルバムのように思い込んでいたため「ま、聞かなくていいや」って思ってたんですが、思い直して購入してみたら1曲1曲のクオリティはとても高いので、「そんなにダメじゃない、むしろよくがんばってるかも」という評価です。ただ、illyaさんもおっしゃるように、全体の求心力がないんですよねー!
ばらばらなんですよね、1曲1曲のクオリティは高いのに。
わたしはstrap me in とDoor to Door が好きかなあ・・・。

Comming up you はベンに似合ったチャーミングな曲だと思いますが、確かに黒レザーだとなんとなく違う感じがしますよね、Strap me inのベンはかっこいいですよねー砂漠×ベスト×サングラス♪
ジャケットのアートワーク、デイヴィッドじゃないんですね、
はじめて知りました。

解散アルバムのイメージを払拭
illya
>部長
私も、解散のイメージでこのアルバムに接してしまいがちだったんですけど、固定観念抜きで向き合ってみたら、やっぱり好きな曲多いなって思いました。ハードな曲はむしろ新しいファンも増えたのかも知れないですね。

打ち込み多め(だらけ?)だった前作の印象もあって、タイトル曲聴くといつも、デイヴィッドが沢山叩いてる!良かったね!なーんて思ったりします。


デイヴィッド♪
マダムX
いえますいえます!

>タイトル曲聴くといつも、デイヴィッドが沢山叩いてる!良かったね!なーんて思ったりします。

叩きまくりですよねー♪
こーゆーデイヴィッドのドラムにしびれます

この曲って全員参加感がすごくあっていいんですよね。
エリオットのギターもはじけまくり。このソロをひくエリオットをライブでみたかったなあーとつくづく思います。

まー、自分たちでドアを閉めたんだなーさみしいなあー♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Door to Door雑感
illyaさんこんばんは!
Door to Door のネタに引かれてコメントさせていただきます。
私、実はこのアルバム、今年の夏にはじめて聞きました!! なんとなく、解散の経緯に至ったアルバムのように思い込んでいたため「ま、聞かなくていいや」って思ってたんですが、思い直して購入してみたら1曲1曲のクオリティはとても高いので、「そんなにダメじゃない、むしろよくがんばってるかも」という評価です。ただ、illyaさんもおっしゃるように、全体の求心力がないんですよねー!
ばらばらなんですよね、1曲1曲のクオリティは高いのに。
わたしはstrap me in とDoor to Door が好きかなあ・・・。

Comming up you はベンに似合ったチャーミングな曲だと思いますが、確かに黒レザーだとなんとなく違う感じがしますよね、Strap me inのベンはかっこいいですよねー砂漠×ベスト×サングラス♪
ジャケットのアートワーク、デイヴィッドじゃないんですね、
はじめて知りました。
2012/12/08(Sat) 01:00 | URL  | マダムX #8lsdd5Ic[ 編集]
解散アルバムのイメージを払拭
>部長
私も、解散のイメージでこのアルバムに接してしまいがちだったんですけど、固定観念抜きで向き合ってみたら、やっぱり好きな曲多いなって思いました。ハードな曲はむしろ新しいファンも増えたのかも知れないですね。

打ち込み多め(だらけ?)だった前作の印象もあって、タイトル曲聴くといつも、デイヴィッドが沢山叩いてる!良かったね!なーんて思ったりします。
2012/12/08(Sat) 22:00 | URL  | illya #-[ 編集]
デイヴィッド♪
いえますいえます!

>タイトル曲聴くといつも、デイヴィッドが沢山叩いてる!良かったね!なーんて思ったりします。

叩きまくりですよねー♪
こーゆーデイヴィッドのドラムにしびれます

この曲って全員参加感がすごくあっていいんですよね。
エリオットのギターもはじけまくり。このソロをひくエリオットをライブでみたかったなあーとつくづく思います。

まー、自分たちでドアを閉めたんだなーさみしいなあー♪
2012/12/09(Sun) 08:38 | URL  | マダムX #8lsdd5Ic[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。